スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-7 in UDX

IMGP2971s.jpg
 秋葉原UDXまでK-7触りに行って来た。
 11時頃に到着したのだが、思いの外来客数が少なく、おかげでK-7の実機には早々と触れることができたのは良かった。尤も、この後から来客数が一気に増えたようで、気が付くとタッチ&トライのコーナーは一時間待ちの列を成していた。
IMGP2947s.jpg
 で、触った感想はと言うと、うーん・・・小さいのはいいんだけど、ブラケットの切り替えやSRのON/OFFスイッチがメニューの中に入れられてしまった点は残念かな。あとは背面液晶に表示されるステータススクリーンやコントロールパネルがウザい。嫌いなんだよね、スーパーコンパネって。OFFにすればいいだけだろうけど。
 背面液晶は3.0型92.1万画素ということなのでとても綺麗。個人的にはK10Dのような2.5型21万画素でも不満はないのだが、ライブビュー撮影では3.0型92.1万画素と言うのはかなり有益だろう。ライブビュー撮影と言えば、AF方式を位相差検出方式とコントラスト検出方式、顔検出方式の切り替えが可能になっているが、位相差方式ではミラーの上げ下げを行うので一瞬ブラックアウトしてしまうし、コントラスト方式ではライブビューは継続されるが合焦に時間がかかるので一長一短か。
 メニューを見ていて気付いた点として、ピクセルマッピング機能が搭載されている。これはカタログには記載されていないのだが、万一ホットピクセルが発生してもサービスセンターに持ち込む必要がなくなるので割と有難い機能ではないかと思うのだけど、ペンタ側としては売りの機能としては認識していないのね。まぁ、確かにそうそう使う機能でもないし、ホットピクセルが発生しないならそれに越したことは無いか。
IMG_6194s.jpg
 K-7のカットモデル。
 この他に歴代のPENTAX機が展示されていたり、645Dで撮影された写真のパネルが展示されていたりもした。
IMGP2960s.jpg
 トークライブは田中希美男氏と開発者の対談(?)、谷口泉氏のK-7活用術と言うもの。上の写真は谷口氏がHDR機能に語っているところで、表示されている写真の左側は通常撮影したもので、右側がHDR撮影したもの。HDR合成は眠い写りになるものの、このダイナミックレンジの広さは凄い。
 その他の機能の中で凄いなと思ったのは、構図微調整機能や自動水平補正機能、ダストリムーバルIIなど。構図微調整はセンサーが電気的に浮遊していることを利用して、センサーの位置を縦や横にずらしたり斜めに回転させたりして構図を調整する機能。自動水平補正もセンサーが浮遊していることを利用して2°以内の傾斜であれば補正してくれる機能。縦位置でも有効とのこと。但し手ぶれ補正機能を働かせているときは補正範囲は1°以内になるそうだ。ダストリムーバルは従来のようにセンサーをぶつけてゴミを落とす方式ではなくローパスを超音波で振動させるタイプになり、オリンパスのSSWFにも匹敵するほど強力になったとのこと。この他にもダストアラート機能やO-ICK1があり、付属のRAW現像ソフトにもゴミ取り機能を持たせるなど、かなり頑張っているのではないだろうか。
 ファインダーは視野率100%、倍率0.92倍(35mm換算で約0.61倍)ということなので、視野率95%、倍率0.95倍(35mm換算で約0.6倍)のK10Dよりも僅かに大きくなっている。また、新たに採用されたフォーカシングスクリーンはK10D/K20Dよりもやや暗くなったがピントの山やボケ具合を視認し易くなったとのことで、個人的には大歓迎だ。
 他にも歪曲収差や倍率色収差を補正するレンズ収差補正機能(但し適用されるのはDA/DFAレンズのみ)、色を誇張する新ホワイトバランスCTE、三種類のコントラスト調節機能(コントラスト、ハイライトコントラスト、シャドーコントラスト)と言った新機能も搭載。
 HD動画機能はどうでもいいなとかむしろいらないよとか思っていたのだが、動画中から静止画像を切り出してJPEG保存することも可能だそうなので、ある意味高速連写機能のようなものとも言えるのだろうか。
 そしてペンタ機の弱点と言われ続けたオートフォーカス性能と連写性能だが、これはK10Dよりも格段に良くなっている。少なくともタッチ&トライで試した時にはAFのもたつきは感じられなかった。

 ・・・で、ですな、ちょっとだけ困ったことが一つ。それはDigital Camera Utility 4。
 従来のPPLとPPBを統合した新ソフトでかなり使い易そうに見えたのだが、これ、対応しているOSがXP(SP2以降)とVistaのみなのよね。未だに2000を使っている身としてはあちゃーって感じだわ。・・・はぁぁ、そろそろ乗り換えないと本気で駄目なのかねぇ。
スポンサーサイト

プレミアムスモール・・・

 待ちに待ったK-7正式発表ーっ♪
 ニュースリリース
 公式サイト
 デジカメWatch
 カメラマンWEB

 うーむ、2chでリークされていた通りのモノが出て来るとはなぁ。K20Dの時は期待外れで消沈したけど、K-7は期待大だわ。つーか、もう予約入れて来たんだけどね。
 とにかくもう、ZENBU NOSEと言うか出し惜しみしないのはPENTAXらしいなぁ。ただまぁ、公式サンプルを見るとやっぱりCMOSらしいクリアさに欠ける画質なのはちょっと残念。
 ところでK-7の7はKシリーズの7台目だからという説を聞いていたのだが、実際のところはそうでもなかったのね。77カ所のシーリングと77分割測光からイメージされたってことらしいけど、だったらFA77mmとのセットを売り出したりしないのかなー? まぁ、FA77mmはとっくに持っているからどうでもいいのだけど。
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
絵師さんリンク

MEGANEKKO MAID MADLY こぐま☆すたいる 雨晒し 青いよ。 眼鏡っ娘ファンクラブ! レツマール・バスルーム

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。